LinglomCoffee

リンロムコーヒーとは?            コーヒーの木オーナー制度って何?

リンロムコーヒーって?

貧乏なラオスのコーヒー農家の有志で立上げた、コーヒー製品の製造会社です。
正式名は、リンロムコーヒー ソロカンパニーです。


私達は、そのリンロムコーヒーの日本窓口として支援しています。

支援の一環として日本のコーヒー好きの皆さんにコーヒーの木オーナー制度をご紹介しています。

コーヒーの木オーナー制度って何?

オーナーになって頂いた木から収穫したコーヒーを焙煎豆若しくはドリップバッグでお届けいたします。

コーヒーの木 オーナー制度

コーヒー農家を支援する一つの方法として、コーヒーの木のオーナー様を募集しています。

リンロムコーヒー農園にあるアラビカ種カティモール亜種のコーヒーの木、1年(若しくは複数年)の間オーナーとなっていただきます。

そして、オーナー様の木から収穫されたコーヒーを焙煎し、コーヒー豆としてお手元にお送りさせて頂きます。

通常コーヒーは、大量に処理される為、1本の木から収穫されたコーヒー豆のみから抽出されたコーヒーを飲む事は殆んど出来ません。

このコーヒーの木オーナー制度では、収穫から焙煎までオーナー様毎に個別に作業を行っております。

機械は使わず豆も一粒づつ手で押し、果肉が付着したまま乾燥させるハニー処理を行っています。

非常に珍しいスペシャルなコーヒーとして感慨深い味わいのコーヒーになると思います。1本の木から収穫されるコーヒーの実は5-6kgで、それから取り出した豆を乾燥させて脱穀すると600-800gの生豆になります。

オーナー様へのお届けは、1年間で1kgのコーヒー豆をお届けします。上記の様に1本の木からでは1kgに足りないので、不足分は一般販売品のコーヒーを別にパックしてお届けいたします。本来であれば、収穫したコーヒーの豆を取り出した後の殻と果肉部分を乾燥させたカスカラもオーナー様にお届けしているのですが、コロナ禍の中ラオスから輸出することができず、現在はお届けする事が出来ません。

オーナー様には、ご希望によりコーヒー農園のご見学や収穫体験を行っておりますが、現在は中止となっております。

オーナー様のお好みに合わせて自社焙煎いたします。

コーヒーの木オーナー制度 焙煎豆
コーヒーの木オーナー制度 ドリップバッグ